ソーシャル・アントレプレナーとは

ソーシャル・アントレプレナー(社会起業家)とは、既存の枠組みを超えたユニークな発想で、深刻かつ
差し迫った社会問題の新たな解決方法を提示し、それを実行している人々です。

ソーシャル・アントレプレナーは、社会の状況に疑問を感じたとき、政府や民間企業に任せるのではなく自ら解決に乗り出します。その解決法は既存のシステム自体を変え、国境を問わず活動を広げることもあります。通常ソーシャル・アントレプレナーは自分のアイデアに人生をかけるほどの勢いと熱意を傾けます。彼らはまだ実現していない世界を夢見ると同時に現状を冷静に見極める現実主義者でもあります。

ソーシャル・アントレプレナーの生み出す解決策は、誰にでも分かりやすく、利用しやすく、倫理感に充ちています。ソーシャル・アントレプレナーは、アイディアを自分の手柄のために使うのではなく、なるべく多くの人々にそのアイディアを模倣してもらい一緒に解決に向かうことを望んでいます。つまり、結果的に彼・彼女らは自分が影響を与えることによって他のチェンジメーカーの発掘にも携わることになります。周りに大きな影響を与えることにより、数多くのチェンジメーカーを生み出すのです。

起業家がビジネスの世界を形作るようにソーシャル・アントレプレナーも社会を変える起爆剤になります。新しいビジネスチャンスを見つけたり、システムを効率化したり、新たな考え方を開発したり、世の中をよりよい場所にします。 ビジネス界の起業家が全く新たな業界を作り出すように、ソーシャル・アントレプレナーは社会問題に対する新しいソリューションを大きなスケールで実践します。