選考基準

アショカ・フェロー(システミック・チェンジメーカー)の選考基準は、下記の通りです。

  • 喫緊で切迫した社会の問題に対する解決、軽減のアイディアであること。
  • 特別な才能やネットワークなどに頼らずとも模倣できる仕組みであること。
  • 特定の文化や環境を越えてインパクトを及ぼす可能性を含むアイディアであること。
  • これまでに存在しない全く新しいアイディアであり、アプローチであること。
  • アイディアを実現しインパクトを出すまで全身全霊で打ち込むというアントレプレナーとしての気質が隅々まで染みこんでいること。
  • 大きいスケールの革新を現実とするための前提である「真摯で信頼される人柄」が備わっていること
  •  

    システミック・チェンジ Systemic changeとは?

    社会を変えるためには、そのアイディア/仕組みが非常に大きなインパクトを及ぼす潜在性があるかどうかをアショカは最も重要視します。例え素晴らしいアプローチであっても、或る地域/組織/集団のみで効果を発揮し、それ以上は広がる可能性がない場合は「システミック・チェンジ」とみなされません。

    アショカの定義する「システミック・チェンジメーカー」とは、或る漁村で或る年、漁獲量が極端に減ったという状況で、この漁村の住民に衣服や食べ物を与える(従来的なチャリティ)のではなく、より良い魚の獲り方を教える(一歩進んだ慈善活動)のでもなく、その現象を生み出しているところの漁獲システムを根本から変革する人を意味します。



    ASHOKA基準に適ったシステミック・チェンジメーカー(アショカ・フェロー)の例3人

    a) ジミー・ウェイルズ Jimmy Wales   2008年選出 アメリカ
        ウィキペディア創設者&CEO
  • 専門知識のある「エキスパート」と呼ばれる人々とプロの「編集者」がつくる30巻のブリタニカ辞典が知識の源である時代が続いた。
  • 誰もが参加でき、誰もが無料でアクセスできるオンライン辞典「ウィキペディア」を2001年に開設した。
  • 個人の持っている知識は、思慮深く、注意深く、善意とオープンさをもって編纂すれば、編集者が編み出したものよりも、より正確で濃い内容となる。」(ジミー談)
  • 2001年から2008年までに年間6億8400万回ものアクセス。
  • 2015年現在、288の言語版があり、登録者数は5000万人以上、編集数は19億を越える


  • b) 川添 高志 Takashi Kawazoe  2013年選出 日本
        ケアプロ創設者・CEO
  • 看護師としての働き方や医療ケアのあり方を一から見直し、改革。従来的な看護師の仕事の限界を打ち破り、新しいキャリア・パスを作り出した。
  • 日本の高齢化から生じる予防医療の課題に対応するため、一人一人が自分の健康を管理するためのセルフチェック・ステーションを設立。
  • 1982年「自己採血」が、違法でなくなったことを利用して「ワンコイン検診」は誕生した。
  • 2014年、川添の取り組みが、ヘルス経済の新しい展開であるアドバイスを受けた経産省が、「自己採血」を合法化した。「ワンコイン検診」が、合法化した後の第一号の認可を受け、新しいマーケットが誕生した。
  • ケアプロ自己採血ヘルスチェックのモデルの模倣は、ファミリーマート、 ダイエー、西友、くすりの福太郎、ウェルシアなどで、2014年9月より始まっている
  • 2015年に約600社が自己採血ライセンスを申請中。
  • 2015年1月より小田急電鉄と提携し、構内に常設ステーションを設置。
  • 2016年より、インドに取り組みを広げる。


  • c) メリー・ゴードン Mary Gordon  2002年選出 カナダ
        ルーツ・オブ・エンパシー創設者&CEO
  • カナダ・トロントで、メリー・ゴードンが発足した3〜14才を対象とする週1回9ヶ月間の教育プログラムを立ち上げた。
  • 子どもたちが赤ん坊を囲むセッションと、自分の心理を掘り下げるセッションで構成されている。
  • このプログラムを通して、感情に焦点を当てる習慣が身に付き、他者の感情にも敏感になり、いじめが90%減少することがブリティッシュコロンビア大学の研究チームによって実証されている。
  • カナダ全土の小学校で導入されているほか、これまでに欧米各国で50万人を越える子どもたちが参加している。
  • カナダのほかに導入されている地域と国;米シアトル市、独ハンブルク市、独ベルリン市、独フランクフルト市、スイス、英国、アイルランド、マン島など

  • ※2015年夏の時点で、アショカの基準に適ったシステミック・チェンジメーカーは89カ国の3200人を超えています。