ASHOKA YOUTH VENTURE PANEL in Miyako on February 21, 2016 2016年2月21日、第21回ユースベンチャーパネル審査会を開催しました

2016年2月21日、岩手県宮古市の宮古市民文化会館にて、第21回ユースベンチャーパネル審査会を開催いたしました。

パネリストとして、伊藤聡氏(NPO法人代表)、大堀匠氏(地元企業)、斎藤信太郎氏(教育者)にご協力いただきました。
今回は新たに2組がユースベンチャラー(YV)として認定を受けました。
角地美桜は、同世代に対するピアカウンセリングの活動を行なっています。自身の経験を通して、悩みのある若者に安心できる新しいコミュニティを提供すること、そこから若者のピアカウンセラーの育成、ピアカウンセリングの普及を目指します。

菊池眞悠子・小林舞は、宮古市内で世代を越えた交流の場をつくり、震災前にあった元気と笑顔をあふれさせたいと願っています。
その後、東北で活動するYV4組(伊藤大貴、柿木景子、寺崎幸季、橋本陸)が活動報告を行ないました。それぞれYVとして活動していく中で、思い通り進まずもがいた経験、そのことを通して得た気づき、また改めて自分がその活動を始めたきっかけを振り返ることを通して、YVとはなにか、そもそも自分は何者か、ということをそれぞれのことばで表現してくれました。

パネリストの方から、既存の学校教育にはない学びがこのコミュニティではできている、そして、自分が動いてみた結果、「なにもできていないんじゃないか」という気づきがとても大切だという話をしてくださいました。 アショカジャパンは、Everyone A Changemakerの世界を目指して、これからも、より良い世界を自分から築いていこうという想いを持つ若者たちが安心してチャレンジできる環境とコミュニティを拡げていきます。

3月19日には6回目となるYVの大集会We are the Changeが開催されます。チャレンジする若者たちに会いに来てください。
詳細はこちらへ>>>