若者チェンジメーカーを広島で輩出するキャンペーン キックオフイベント開催

ASHOKA JAPANは、2020年の東京オリンピック開催を前に、広島を中心とする中国地方で若いチェンジメーカーを輩出するキャンペーンを開始しました。
このイベントはアショカとドイツのロバート・ボッシュ財団 (Robert Bosch Stiftung)によって6月1〜4日に島根県津和野で開催された、8カ国から19人の高レベルの若者ソーシャル・アントプレナーのリトリートの参加者を迎えて、広島を中心とする地域の若者との交流の場を作りました。イベント開催に当たっては会場手配、事務運営などで県立広島大学の方々の大きなご協力を得て行われました。
午前にはリトリート参加者による経験の共有を、ポッカ・サッポロ様からご提供いただいたランチでの参加者たちの交流後、午後からは西日本では初めての、アショカ・ユースベンチャー5名による活動報告会が開催されました。高校生、大学生のユースベンチャラーの活動報告に、参加した学生たちが非常に大きなインパクトを受けた様子でした。



【キックオフ・イベント概要】
When:June 5th 2016 10:30am-5:30pm
Where:県立広島大学 サテライトキャンパスひろしま

【Timeline】
10:30AM-10:50AM 開会のご挨拶
10:50AM-12:00AM 若者ソーシャル・アントプレナーによるプレゼンテーション
12:00AM-1:00PM LUNCH(ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社様よりご提供)
1:00PM-2:00PM 若者ソーシャル・アントプレナーによるプレゼンテーション
2:00PM-5:30PM ユースベンチャー・パネル審査会
5:30PM 閉会のご挨拶