ASHOKA YOUTH VENTURE PANEL in Kobe on December 10, 2016 2016年12月10日、第26回ユースベンチャーパネル審査会・活動報告会を開催しました

2016年12月10日、兵庫県神戸市にて、ユースベンチャーパネル審査会・活動報告会を開催しました。 パネリストとして、西川耕平氏(大学教授)、東朋子氏(NPO法人理事長)にご参加いただきました。今回は、新たに1組がユースベンチャラーとして認定されました。
2012年ユースベンチャーがスタートしてから、77番目として選出された高須未来(21歳/東北工業大学3年)は、地元秋田で感じていた「物理的な孤独感からくる、心理的なコミュニティの薄さ」を解消すべく「かりぐらしのかだりってぃ」という活動を立ち上げ開始しています。空き家のリノベーションによる箱づくり、地域の人々を巻き込んでワークショップをするなどのコンテンツづくりの両面から、点から面となって大好きな秋田、湯沢地域全体に影響を及ぼしていきます。

当日の午後には、現在、活動中のユースベンチャラーの報告会が行なわれました。第21期の山﨑紀奈里による中間報告、第20期の細川壮司と第13期の水野翔太による最終報告を通して、まもなく高校卒業と大学卒業を迎える彼らの、今後の想いと行動、決意も聞くことができました。
アショカジャパンは、Everyone-A-Changemaker(誰もがチェンジメーカーとなる) の世界を目指して、よりよい社会を自分のアイディアと自分の足で切り開く情熱と意思を持つ若者が、安心してチャレンジできる環境とコミュニティを常に拡げています。


次回のお知らせです!
2017年2月25日(土)に、ユースベンチャラーの大集会「第8回We are the Change」を東京永田町森タワーロクシタン本社スペースにて開催します。新たに若者チェンジメーカーを選出するパネル審査会の他、活動の真っ最中の若者の報告会なども計画しています。皆さまのご来場を楽しみにしています。