2017年3月10日(金)第28回ユースベンチャーパネル審査会を開催しました

2017年3月10日、仙台にて、第28回ユースベンチャーパネル審査会を開催しました。

パネリストとして、岩本忠健氏(企業セクター)、山崎賢治氏(市民セクター)、齋藤渉氏(教育セクター)の御三方にご参加いただきました。今回は新たに1組が認定され、現在までに80組のユースベンチャラーが活動しています。

認定された、三浦七海(17歳/仙台西高校2年)は、「ユリアゲ Story Guide.」を立ち上げました。自身の被災体験をもとに、減災や防災のための語り部を行っています。現在は、閖上地区や東北の復興について発信するフリーペーパー作りを行っており、地域を巻き込んだ活動を始めています。
パネリストの方々からは、それぞれの経験から活動に繋げ精力的に動いている若者を今後も応援したいとの声が上がっていました。
また今回は認定見送りとなった他のプレゼンターも、参加したユースベンチャラーとともに自分自身や活動について深掘りする時間を取ることができました。

アショカジャパンは、Everyone-A-Changemaker(誰もがチェンジメーカー)の世界を築くことを目指して、情熱と意思を持つ若者が安心してチャレンジできる環境とコミュニティを常に拡げています。ぜひ、今後の活動もご注目ください。

次回のパネル審査会は4月東京での開催を予定しております。