4/7 (金) アショカ創設メンバーの一人、ビル・カーター氏との対話会を行いました

ビル・カーター氏(Bill Carter) は、McKinsey Consulting, US 政府環境省(EPA)、環境ビジネスの起業と経営そしてIPOを経て、Ashokaにフルタイムスタッフとして7年ほど前にジョインしました。1980年のアショカ創設時から、ビジョンの遂行の重要なメンバーとして関わり、system changeの意義を腑のレベルで理解するフェロー候補面接者のベテランとして、アショカを創り上げてきた一人です。
これまでに彼の面接を受けた候補者は、1000人を超えています。

4月7日(金)に、対談の形式で、彼に現在のイノヴェーションの傾向や、システム変革を起こす人間のポテンシャルを見抜くインタビュー方式などを話していただきました。

対話会の動画の外部リンク(Youtube_Part1)

対話会の動画外部リンク(Youtube_Part2)