9月4日、ノーベル賞受賞者でありアショカ上級フェローのJerry White氏の講演会を、都内にて開催しました。

自身が地雷犠牲者となった体験から、ノーベル平和賞を受賞するに至る国際的な地雷禁キャンペーン立ち上げまでの道のり、そして故ダイアナ妃との地雷犠牲者巡礼の旅や、現在新たに取り組む、予測ソフトウェア会社「giStrat」の立ち上げといった、緩めることのないJerry White氏の歩みについて、お話を伺いました。
また、9月2日は鈴木寛氏、4日は柳瀬博一氏を対談者として迎え、より深いお話を展開されました。
 

講演会のスクリプトは、以下よりダウンロード可能です。
日本語版
英語版

9月4日のスピーカーシリーズの様子は、後日動画にてアップロード致します。

ジェリー・ホワイト氏の25年以上にわたる大量破壊兵器禁止に向けた取り組み、特に国際地雷禁止キャンペーンや地雷サバイバーネットワーク(後にSurvivor Corps)の取り組みの中から、社会に変化をもたらし、人々の価値観を変えていく活動をどのように進めていけばよいのか、またその活動を国際的なレベルまで広げていく際のポイント等について、お話を伺います。

第12回 アショカ・スピーカーシリーズ
日時:2017年 9月4日
会場:GRIPS 想海樓ホール
主催:ASHOKA JAPAN
定員:先着 150名
対象:社会を変えてゆく活動に関心のある方は誰でも
参加費 ¥2000 (社会人)¥1000(高校生・大学生・大学院生)
*満員御礼


【学生向け講演会

日時:2017年 9月2日
会場:上智大学 国際会議場
共同開催:上智大学 ASHOKA JAPAN
主催:ASHOKA JAPAN
定員:先着 120名
対象:社会を変えてゆく活動に関心のある学生は誰でも
参加費:無料
言語:英語 (参加者には事前に日英スクリプトを配布致します)
*満員御礼

             

Jerry White ジェリー・ホワイト
大学2年の夏休み、クラスメートと共にイスラエルへ山歩きに行った。歩いていると右足元で大きな爆発音し、気がつくと右足の膝から下が失くなっていた。この瞬間、それまで不自由なく青春を謳歌していたブラウン大学生のジェリー・ホワイトの新しい人生がスタートした。3ヶ月の治療とリハビリの後アメリカへ戻り、2年後に予定通り卒業。1990年代までは、戦争や紛争で地雷を武器の一つとして使うのは当たり前だったが、そんな状況で、彼は世界で初めての国際地雷禁止キャンペーン(International Campaign to Ban Landmines) を立ち上げ政策にも影響を与えるまでのインパクトを及ぼす。同時に数万人の犠牲者を対象に人工義足や義手の支給、カウンセリング、職業訓練を行うシステムとして「地雷サバイバーズネットワーク(後にSurvivor Corps)」を共同創設した。 そして、その功績に対して1997年にノーベル平和賞を共同受賞した。又、英国Diana妃が亡くなる1997年8月31日までの1年間半、ボスニアの地雷犠牲者を尋ねる妃の巡礼の旅の指南役を努めている。

2009年ASHOKA上級フェローとして選出される。

2013年から3年間、オバマ政権で米国国務副次官補を務め、ヒラリー・クリントン前国務長官が創設した紛争安定化司令室(Bureau of Conflict and Stabilization Operations)の運営にあたった。戦略立案・連携の責任者として、紛争外交のためのデータ駆動型戦略を展開するために、高等解析とエージェントによるモデル化の手法を導入した。予知率80~90%というエビデンスを示すこのモデルを世界各国の政府や企業に導入するため、2015年米政府を離れgiStrat(Global Impact Strategies)を共同創設しCEOを務めている。


現在、米University of Virginia (バージニア大学)で教授を務めるほか、宗教の名の下に行われる大量殺害を阻止するための国際キャンペーンである「Global Covenant Partners」委員会の共同議長を務めている。
Jerry White 詳細



9月2日(土)
鈴木寛 氏
東京大学教授、慶應義塾大学教授 文部科学大臣補佐官、日本サッカー協会理事、社会創発塾塾長、元文部科学副大臣
1964年生まれ。東京大学法学部卒業後、1986年通商産業省に入省。 慶應義塾大学SFC助教授を経て2001年参議院議員初当選(東京都)。12年間の国会議員在任中、文部科学副大臣を2期務めるなど、教育、医療、スポーツ・文化、科学技術イノベーション、IT政策を中心に活動。参議院憲法審査会幹事、超党派スポーツ振興議連幹事長、東京オリンピック・パラリンピック招致議連事務局長、超党派文化芸術振興議員連盟幹事長や日本ユネスコ委員も歴任。

9月4日(月)
柳瀬博一 氏
日経ビジネスオンライン プロデューサー
1964年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、日経マグロウヒル社(現、日経BP社)に入社。雑誌「日経ビジネス」の記者、専門誌の編集や新媒体開発などに携わった後、出版局にて「小倉昌男 経営学」、「矢沢永吉 アー・ユー・ハッピー?」、「養老孟司 デジタル昆虫図鑑」などの本の編集を担当。TBSラジオ「文化系トークラジオ Life」「柳瀬博一 Terminal」のパーソナリティも。2008年より日経ビジネス オンラインのプロデューサー。2012年より、日経ビジネス、日経ビジネス オンライン、双方のメディアを担当するチーフ企画プロデューサーに。


Dialogue with Nobel Peace Prize Laureate: Jerry White
“The Man who turned adversity into a global movement to ban landmines”

Ashoka Japan is delighted to announce our event “Dialogue with Jerry White” held on Monday 4th September in Tokyo.
As a survivor himself of a traumatic experience of stepping on a landmine at age 19, Jerry White turned over the global norm of using landmines by leading the International Campaign to Ban Landmines. His effort, which impacted many policies globally, was awarded the Nobel Peace Prize in 1997. In that same year, White also escorted the late Princess Diana of Wales on her pilgrimage to visit landmine survivors in eastern Europe.
After working for both the public and government sector which include the Bureau of Conflict and Stabilization Operations under the Obama Administration, he founded Global Impact Strategies, Inc. (giStrat). giStat is a software and tech-enabled service provider that offers a proven, scientific, easy-to-use cloud-based software that aims to help people in business, politics, law, and philanthropy resolve their toughest problems with easy- to-use decision analysis technology.
In the event, Jerry White will inspire us to learn about resilience, how to create a global movement and how technology can be incorporated to serve human happiness in the rapidly changing and complex world.


【Speaker series】
Date: 4th September (Mon)
Time: 19:00-21:00
Place: National Graduate Institute for Policy Studies (GRIPS)
Language: English・Japanese
Facebook event page


【Dialogue for students】
*limited to high school & University students, teachers, and university faculties.
Date: 2nd September (Sat)
Time: 15:00-17:00
Place: Sophia University Building 2 Room 1702
Free Admission
For students taking interest in social changes
Language: English
Facebook event page




 September 2nd (Venue: Sophia University)
Kan Hiroshi Suzuki
Professor, Graduate School of Public Policy, the University of Tokyo Professor, Graduate School Media and government, Keio University
After serving at the Ministry of International Trade and Industry and as associate professor Keio University. Kan Suzuki assumed the post of State Minister of MEXT during his twelve-year career at the House of Councillors. His recent assignments include Professor the University of Tokyo and Keio University under the cross appointment system (2014-present). He also is the Special advisor, chief policy officer to the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology since 2015.

 September 4th (Venue: GRIPS)
Hiroichi Yanase
Nikkei Business Online Chief Producer
Joined Nikkei McGraw-Hill, Inc. (now Nikkei Business Publications, Inc.) in 1988. After working as an editor for Nikkei Business and founding Nikkei Logistics, he participated in launching the books department of Nikkei Business Publications, Inc., in 1996 while working in new media development. Until 2008 he was a books editor and worked on a number of bestsellers. Since 2008 he has been a producer for Nikkei Business Online. He also presents "Cultural Talk Radio Life" on TBS Radio.


For any inquiries please do no hesitate to contact us on pr.ashokajapan@gmail.com