任期終了ユースベンチャラー


ミシュラ桃雛 Tuhina Mishra(17)東京都

サモサでインドの子どもたちに希望を

私の第二の故郷であるインドには、学びたくても学校へ行くことができない子どもたちがたくさんいます。そこで、手作りサモサを販売し、その売り上げでインドの子どもたちの学費をサポートする奨学金システムをつくっています。
India is my second home. There, I saw many children who want to learn but can not go to school. I decided to sell homemade Samosa, and we are making it a scholarship system to support the school expenses of children in India by their sales.

右大輝 Taiki Migi(21)大阪府

災害後の悲しみをなくしたい

防災が当たり前になる社会になってほしいと願い、防災活動を行いやすい仕組みをつくっています。防災活動を行いたいがどうしたらいいかわからない、人手が足りないという個人・団体のお手伝いや、相談にのったりしています。
I envision a society where disaster prevention is the norm. We are making a system that facilitate disaster prevention activities. I give support and consultation to individuals and organizations who would like to do disaster prevention activities, but do not know what to do, or how, or have limited resources to do so.

高田駿佑 Syunsuke Takada(19)福島県

いわき市に学生の輪を拡げる

東北大震災後、地元であるいわき市は元気がなくなったように感じましたが、そんな中、笑顔でがんばり続ける大人の姿を見て、学生でもできることをしようと思い、学生団体「CONNECT」を立ち上げました。イベントの運営を行いながら地元を盛り上げる活動をしています。
After the Tohoku earthquake, I felt that my hometown, Iwaki City lost its liveliness that it once had. However seeing the adults resilience and smiles, I thought that students can do something too. I founded a student organization, “CONNECT”, which organizes events to help the locals and empower the town.


小野寺翔 Sho Onodera(19)/ 阿部成子 Seiko Abe(19)宮城県

南三陸で人と人、人と地域をつなぐ

南三陸町出身の大学生が中心となり、他地域の大学生を対象にした南三陸ツアーを企画し、地域の魅力や課題、将来像を共有する機会をつくっています。
Placing the earthquake affected Minami Sanriku-cho college students at the heart of our project, we are working to gather youths from all around Japan to tour and explore the wonders of our dear hometown.

八重樫美里 Misato Yaegashi(17)岩手県

放課後プロジェクト

放課後に高校生同士で先生や生徒となり、自分の得意なことを教える場をつくっています。誰もが平等にスキルをシェアし受け取れることを目指しています。
The “After School Project” offers a place for high school students to become teachers, and share their talents to other classmates who wish to learn. My goal is to create an open environment in which anyone feels free to share their skills and attain skills from each other.

阿部将樹 Masaki Abe(18)山形県

地球人温暖化計画

将来について悩む高校生や大学生とともに話し合い、自分の過去や現在を振り返り、本当にやりたいこと、ありたい姿、夢を見つけるという合宿を行う。
I create a space where high school and college students who have worries about their futures can talk amongst each other and connect. They can then reflect on their past and prepare for what is to come, as well as find out what they really want to do with their lives.


原田優香 Yuka Harada(21)京都府

食を通して東北の魅力を伝え、笑顔の輪を広げる

東北と京都を「食」でつなげる場として、東北へ想いを馳せることを大切にしながら、京都各地で東北物産展を行っています。
With the hopes of connecting Tohoku and Kyoto through "food", we hold food fairs in various parts of Kyoto, and keep people reminded of the people in the disaster-affected area in Tohoku.

山﨑紀奈里 Kinari Yamasaki(17)岡山県

あまvegeの波

地元である日生地域の海でよくとれる甘藻と牡蠣の殻を肥料にし、地元の中高生や婦人会の方たちと「あまvege」という野菜を作っています。
With the local middle school and highschool students alongside the elderly ladies gatherings, I work to make vegetables called "Ama-vege" using the organic fertilizers from sweet algae and oysters, often found in the local Hinase area.


菊池眞悠子 Mayuko Kikuchi(15)/ 小林舞 Mai Kobayashi(17)岩手県

笑顔を広げる世代間交流

宮古市内で世代を越えた交流の場をつくり、震災前にあった元気と笑顔をあふれさせたいと願っています。
We work to create places where cross-generation exchange can happen in Miyako city to restore the overflowing joy and smiles that existed before the earthquake disaster.

角地美桜 Mio Kakuchi(17)岩手県

Hello, My Story

「自身の経験を通して、同世代に対するピアカウンセリングの活動を行っています。
Through my own experiences, I am carrying out peer counseling activities for other youths in my generation.


細川壮司 Soshi Hosokawa(21)高知県

若い力で地域を楽しみながら救う!

地域の中高生と共に、野外活動サークル「Blue☆Lake(ブレイク)」を立ち上げ、中高生自身が地域の魅力発信を楽しみながら行うことを目的としている。
I work together with the local junior and high school students to set up an outdoor activity circle called "Blue ☆ Lake (Blake)" whose aim is expose the local charms of the area while they enjoy themselves.


舩橋理仁 Rihito Funabashi(17)愛知県

学習者である自分たちが考える、教育のあり方

これまでの日本の学校教育の、先生が一方的に生徒に知識を教える形態に違和感を覚え、教える側も学ぶ側も高校生が担い同じ立場となる「高校生教室」を開催。このほかにも、高校生が教育を考える機会を生み出している。
In the past, the Japanese education system was fixed - where teacher and student positions were stiff, the teachers taught the students and the students were there to only listen. I am working to create an environment where other students can step into teacher positions and think about how they want to learn.

黒島颯 Hayate Kuroshima(20)沖縄県

こどもたちと、遊びの天才を目指す!

幼少期、横浜から沖縄に移住した際の、環境の変化に馴染めなかった自身の経験から、子供たちが笑顔になれるイベントを開催。子どもたちの可能性を広げ、笑顔に、ハッピーになれる活動を目指します。
When I was younger I moved from Yokohama to Okinawa, and had a hard time adapting to the changes in my new environment. I didn’t want other children to feel how I felt so I worked to set up events where young kids could expand their possibilities, smile, and be happy.


狐鼻若菜 Wakana Kitsunehana(19)宮城県

音楽や絵本を通して、震災を伝えます

震災後、石巻から移ってきた九州にて「愛を伝えるプロジェクト」として、愛を伝えるコンサートの開催、愛を伝える絵本の制作を行っています。
After the earthquake, I moved to Kyushu from Ishinomaki, and launched "Project to Convey Love" that organize concerts and making picture books all in order to “convey love” to those affected.

武田彩 Aya Takeda(20)神奈川県

「食」を通して大切な人を守りたい!

「大切な人の笑顔を守りたい」との想いから、食と防災を組み合わせたイベントを開催し、東北への想いをつなげていきます。
With my desire to "protect the smiling faces of people important to us,” I work to hold events combining food and disaster prevention, with a common goal of remembering Tohoku.


五十嵐有沙 Arisa Igarashi(20)宮城県

結婚と子育ての「本当」を発信

将来親となる大学生と子育て中の親が交流できる場としての
イベントを開催しています。
I work to hold events as a place where university students, who wish to become parents in the future, meet and connect with real-life parents who have kids.


横山玖未子 Kumiko Yokoyama(20)兵庫県

教訓を行動へ

「阪神・淡路大震災から20年。神戸発のおしゃれな減災笛を大切な人に贈ろう」というコンセプトのもと、ファッションとして身に付けられる減災笛を作っています。
As a goal for the 20 year mark since the Great Hanshin-Awaji Earthquake, I work to make and distribute fashionable anti-disaster whistles from Kobe that can be worn by the people to protect them from further danger.

吉浜知輝 Tomoki Yoshihama(16)岩手県

宮古の未来はぼくたちの力で

地元である岩手県宮古市。そこに住む高校生自身が地元愛を育み、一度は宮古を離れてもまた戻ってくることで、若者の人口減少をストップさせたいとの想いから、高校生主催の町を巻き込んだイベントを開催。
With the aim to have returners to the city, and prevent it from further depopulation, we work with high school students to organize events that includes the entire town. We give people opportunities to notice how much our town, Miyako has to offer and nurture their love for the town.


三浦亜美 Ami Miura(19)宮城県

"楽しい"を作り上げる

地元の気仙沼に観光客のリピーターを増やすため、体験型観光プログラム「ロールプレイング気仙沼」を気仙沼出身の学生たちと作っています。
In order to increase the number of repeating tourist visitors in the local Kesennuma area, I create and give experienced tour programs called "Role Playing Kesennuma" with local students.

小野寺眞人 Makoto Onodera(17)宮城県

ガツガツやります、GUTS FES!

宮城県気仙沼市の高校生を主体として構成された音楽イベントを開催。震災により傷を負った地に、若者の笑顔と活気、パワーと希望を音楽の力で復活さ、新たな一歩を踏み出す希望になってほしい。
As a part of spreading hope, helping those affected by the earthquake, and restoring young people’s smile, vibrancy, and power, we hold music events composed mainly of local high school students in Kesennuma-shi, Miyagi prefecture.


寺崎幸季 Yuki Terasaki(15)岩手県

私の「家」

仮設住宅の方たちと一緒に、マグネットを使って灰色の仮設住宅をカラフルにするプロジェクトを行っています。
Together with the residents of the temporary housing units, I work to make their dull, gray and unlively houses colorful and brighter using magnets.

柿木景子 Keiko Kakiki(19)青森県

日常に「ゆうえんち」を

子育て中のお母さんたちにとって、家でもなく、職場でもない、第3の居場所づくりをする活動をしています。
I work to create a third foundation and safe place besides the home and workplace for mothers and their children.

橋本陸 Riku Hashimoto(17)岩手県

助けられるはずの命を救いたい Bystanderプロジェクト

家族を急病で亡くした経験から、一般市民向けの応急手当て講習や地域のイベントでの救護活動をしています。参加者のニーズに合わせた内容で開催し、一人でも多くの命が助かることを願って活動を続けています。
From my own experiences with losing family members due to sudden illnesses, I work to offer emergency treatment sessions for the general public and relief activities at local events. We hold these events in accordance to the needs of the participants, and continue to act out in hopes that more lives will be saved.

阿部一樹 Kazuki Abe(17)宮城県

進学と就職の両立のために

卒業後就職するのがメインの高校に通う中、大学生との出会いによって視野が広がった自身の経験から、高校生と大学生の交流会を企画し、進路の選択肢を少しでも広げられる機会をつくります。
Based on my own experience where I was inspired after meeting and interacting with college students after my high school graduation, I work to create events so other high schoolers have a chance to think about employment and advancement after graduation.


上田彩果 Ayaka Ueda(21)東京都

高田と僕らの未来開拓プロジェクト〜終わりなき挑戦〜

岩手県陸前高田市の中高生が生きたい生き方を見つけ、チャレンジしていく「高田と僕らの未来開拓プロジェクト」を行っています。
I founded "Building Our Future in Takada" where junior and high school students in Rikuzentakata city, Iwate prefecture choose their own ways of living life and conquering challenges.

神代悠夜 Yuya Kamishiro(19)兵庫県

サイコロを振っていく

自身の生い立ちから、これからの世代の外国人が住みやすい環境を作ることを目指して、高知の学生による国際団体を立ち上げ活動しています。
I work to set up international groups organized by students from Kochi, aiming to create an environment where foreigners of the future generation can live easily from birth.

水野翔太 Shota Mizuno(19)愛知県

「名古屋わかもの会議」から考える、私たちの未来

「愛知・名古屋を若者から盛り上げる」をコンセプトに、愛知県や名古屋市が抱える社会問題を、未来を担う若者から考え、討論し、解決策を見出すため、「名古屋わかもの会議」を開催している。政治家や行政にも若者の声を届ける仕組みを作っている。
Based on the concept of "raising Aichi and Nagoya through vibrant young people,” we held the "Nagoya Wakamono Conference" so the social problems that affect these cities could be explored. This event was a place where young people, leaders of the future, could discuss and solve problems with realistic solutions. We try to create a system where young people's voices can be heard by politicians and the government.

武内駿亮 Shunsuke Takeuchi(20)愛知県

大人とこどもと若者と、みんなで未来を考える

大人と若者が対等に話し合える社会を目指して、若者議会の創設を目指す。決して大人以上に若者の意見を尊重するのではなく、年齢や性別、国籍や人種にとらわれず、様々な人に若者議会に関わって欲しいとの想いから活動する。
My work aims to establish a young people’s parliament in which adults and young people can talk to each other from an equal level. Rather than respecting the opinion of an adult more than a younger person, our goal is to include a wide variety of people to be involved in the youth council, regardless of age, sex, nationality or race.


熊沢あずさ Azusa Kumazawa (21)兵庫県

私らしい支援

「関西から東北に行く際に必ず言われる「がんばってね」という声に疑問を持ったことから、一人一人ができる範囲で、得意なことで、東北のために活動ができることを知ってもらうイベントを開催しています。
It felt strange when people told me "Good luck" whenever I go to the Tohoku region from Kansai. I organize events to let people know that they too can do something for Tohoku disaster affected areas.


山口春菜 Haruna Yamaguchi(19)愛知県

後悔を繰り返さない

中部地方で、次の災害が起こったときに向けて防災啓発を行なうとともに、学生のネットワークづくりを行っています。
I work to spread disaster prevention awareness in preparation for potential dangers in the Chubu region, while also creating a network of students to help in the event of a disaster.

伊藤大貴 Hirotaka Ito(20)山形県

当地域×学生="可能性"の引き出し合い

「やってほしいことがある。だけど人手や時間が足りない。」という地域と、「何かやってみたいと思う。だけど機会も仲間もいない。」という学生が繋がることで互いの魅力を引き出し、地域と学生が共に活動を作り上げていく場をつくる。
I match the voices of the local town “There are things we want help with but there is not enough people or time” and of the youth “I want to do something but I don’t have the opportunity or friends to do anything,”. I connect these students and the local town so they can work together and create activities that benefit each other.


岩澤直美 Naomi Iwazawa(19)東京都

子どもたちに英語と世界の文化を

幼い頃から国際感覚と異文化に対する理解、寛容性を養うため、語学だけではなく「相互理解」「価値の創造力」「社会貢献」への意識を高めるための教室を開講しています。
I set up classrooms to teach young children not only different languages, but also about "mutual understanding", "creativity of values” and "social contribution,” in order to cultivate understanding and tolerance of international senses and cross-cultures.


原田奈実 Nami Harada(19)/ 右近華子 Hanako Ukon(19)京都府

食でつながる「きっかけ食堂」

毎月、月命日である11日に東北の一つの地域にフォーカスした郷土料理や地酒などを提供し、東北について想いを馳せる機会を作っています。
Every month on the 11th, our public dining room offers regional cuisine and local sake from one area of ​​Tohoku in hopes that those affected are never forgotten.

藤川かん奈 Kanna Fujikawa(21)京都府

世代を超えた学びの場、笑学校(しょうがっこう)

世代に関わらず子供からお年寄りが集まって、自分の知恵や経験を伝え合う「笑学校」を開校し、今までにない学びの場を提供しています。
We gather anyone willing to join, regardless of age, to share their experiences and wisdom to a “Smile School” of people who wish to listen.

佐々木真琴 Makoto Sasaki(18)岩手県

減らすとか、増やさないとかではなく…

命や防災の大切さについて五感で感じ取り心に響くような絵本を作り、通常の防災教育より早い段階の1〜5歳の子どもたちに、読み聞かせをしています。
I work to create picture books based on the five senses to teach young children (aged 1-5) the importance of life and how to prevent future disasters.

小倉優香 Yuka Ogura(20)沖縄県

踊災害食を作って食べて楽しく防災!

栄養学の視点から、災害食クッキング体感イベントを企画しています。次にもし災害が起きた時に助かる人が増えることを目的に活動を行っています。
From the viewpoint of nutrition, I hold events so people can experience what cooking is like after natural disasters. If a disaster would to occur again, I hope that through our activities, the number of survivors increase.


尾崎勇款 Sasuke Ozaki(18)岩手県

和の心で地域に輪を

東日本大震災後、地元である岩手県大船渡では、地域との交流が少なくなったと感じるようになった。そこで月に1~2回踊り教室を開き、自身が幼い頃から続けている新舞踊を通して様々な世代、地域の人々が体を動かしながら交流できる場を作っている。
After the Great Eastern Japan Earthquake, which affected my hometown Ofunato City, Iwate I felt that interaction among locals declined drastically. I open a dance classes once or twice a month where I teach local people to dance, which I have learnt since my childhood, in hopes that it will create a place where people of different generations can interact with each other.


下城茜 Akane Shimojo(19)東京都

世界でひとつだけ、自分だけの絵本づくり

自らが絵本に囲まれた家庭で育った経験から、子供を対象にした絵本製作ワークショップを開催しています。
Growing up in a household with access to many picture books, I work to share the joy I felt when I was younger by holding workshops for children so they can create their own picture books.

弘田光聖 Kousei Hirota(19)高知県

東北に関わる学生に起爆剤と支えあえる繋がりを

東北に関わる学生を繋げ、団体での悩みの解決や活動情報の共有や仲間意識からのモチベーションの高め合いを目的に、「Tohoku "RE" Days」というネットワーク形成団体を立ち上げ活動している。
As a way to solve problems in groups, share activity information amongst each other, and motivate ourselves together, I started up a network called “Tohoku "RE" Days” involving students in the Tohoku region.


菊川恵 Megumi Kikukawa(20)兵庫県

もっと手軽に、もっと気軽に「はじめの一歩を」

アダルトチルドレンを克服する手助けが社会には足りないことを問題視し、今までの自助グループのイメージを変える、参加しやすい集まりを開催しています。
Acknowledging that the society can’t solve the emotional bearings of “adult children,” we make it our job to gather people who face those problems and create an environment where they can help themselves.


井上絵梨香 Erika Inoue(16)/シャリー・チョイ Shally Choi(16) 東京都

人と環境をつなぐ

会いたいもんプロジェクト」として、着なくなった洋服を他の服と交換する事で少しでも無駄をなくし、環境への影響を考えるイベントを開催しています。
Our "I Want to Meet You Project,” holds events where participants are posed to think about the impact eliminating waste and saving the environment by exchanging unwanted clothes.

中川なつみ Natsumi Nakagawa(20)大阪府

当たり前が続くとは限らない。〜7世代先の世界を考えて〜

リレー形式で1人1枚ずつ自分が好きだと感じた瞬間の空をカメラで撮ってもらう活動を通し、空を見上げる心の余裕と幸せを取り戻してほしいと願っています。
Through our relay form activity, each person captures their favorite photo of the sky. My hope is that through this fun game, participants regain the spirit of happiness when they look up at the sky.

青木大和 Yamato Aoki(19)東京都

僕には日本を変えることは出来ないけれど、僕らなら日本を変えることが出来る

「10代の政治意識を刺戟する」をモットーに掲げて、10代の政治関心の向上と政治参加の拡大を目指している。高校生と国会議員が議論する場や全国行脚・模擬選挙開催など、10代が政治のことを身近に感じられる環境を整え活動している。
To raise teenagers’ political awareness, I hope to improve political interest amongst teens and thereby expand political participation. I create an environment where high school students can gain more familiarity with politics by holding discussion sessions with policy makers and by holding mock elections.

下田満 Mitsuru Shimoda(17)京都府

当たり前の生活がどんなに幸せか、気づいて欲しい

次に起こるであろう災害に備えるため、震災を経験した方をゲストスピーカーとして招き、学生向けに話してもらう場を学校内で作っている。
As a way to prepare for future disasters, I invite people who have first-hand experience with the earthquake as guest speakers at schools to educate students about disaster prevention.


中澤郁美 Ikumi Nagasawa(19)宮城県 / 宮本一輝 Kazuki Miyamoto(19)和歌山県

気仙沼の思いを和歌山までつなげる

東日本大震災を経験した大学生や専門学生を和歌山県に招き、高校生に体験談を話してもらうプログラムを行っています。
We invite university students as well as vocational school students who experienced the Great Eastern Japan Earthquake to come to Wakayama Prefecture, and conduct programs to share their experiences to high school students.

中川七海 Nanami Nakagawa(20)大阪府

見ないことは楽だけど

実際に自身の目で現状を見なければ何も分からないという経験から、多くの人が被災地に足を運ぶきっかけを作るために気仙沼で音楽フェスを開催しています。
From my understanding that you don’t truly get to experience the situation without physically being there and seeing with your eyes, I organize music festivals in Kesennuma so outsiders have a motive to visit and to see the disaster affected areas.

渡辺真帆 Maho Watanabe(20)神奈川県

個人と東北をつなぐ始縁の旅

東北へのツアーに連れて行く「みちのくルネッサンス」を通じて、東北の良さを自ら探求してもらい、東北を長期的に支える人材の育成を行っています。
Through my "Michinoku Renaissance" tour, participants get to explore the true values of Tohoku at first-hand, and encourage them to become a supporters of the affected area.

木幡真人 Masato Kohata(18)宮城県

高校生が石巻の「今」を伝える!

「被災地にいる人の姿をマスコミは正しく伝えていない」と感じたことから、高校生独自の目線から伝えていくことをモットーにしたインターネットテレビ番組を企画する団体を立ち上げ、配信している。
With my thought that "the media doesn’t properly display the individuals in the disaster-affected area," I set up and deliver Internet TV programs in which viewers can see the authentic version of livelihood for those affected from mine and other high school students’ perspectives.


近野秀亮 Konno Hideaki(18)/ 横山裕大 Yudai Yokoyama(19)山形県

「教育」から生まれる

子供の貧困率を抑制するため、県外避難者数が日本一の山形県で、子どもたちを対象とした学習支援を行っている。子どもたちが、大学生を「第二の兄弟」と思ってもらえるように、週に1回のサポートを行っている。
In order to suppress the poverty rate of children in the Yamagata Prefecture, whose number of evacuees out of the nuclear radiation-affected district is Japan’s largest, I work to provide learning support for young kids. Myself and other college students have a support session once a week and become older sibling-like figures for these children.


金川綾華 Ayaka Kanagawa(20)北海道

食でつなぐコミュニティ

原発事故後、福島から北海道に避難した方々と北海道に住む人々を対象に、農業を体験し食の安全考えるイベントを開催しています。
After the nuclear accident in Japan, we work to hold events where those who evacuated from Fukushima to Hokkaido as well as Hokkaido residents are brought to think about food safety and the changes in cultivating agriculture.

太田佳奈 Kana Ota(17)宮城県

地域の枠を超えて、未来を語らう

被災地にいる現地の高校生と他地域出身の高校生が共に廻る「ツアー型キャンプ」を行っています。
My “Tour-Type Camp” focuses on bringing local high school students and those from other regions together to tour the affected areas collectively.

川村花菜恵 Kanae Kawamura(17)宮城県

「おまんじゅう」が紡ぐ物語

地元、福島県新地町の特産品を使った饅頭を作り、新地町性化を目指しています。お饅頭作りに参加することで人と人の繋がりも深まると考えています。
Using the local Fukushima Prefecture (Shinchi Town) products, I gather people to make savory buns in hopes that it will connect them in a deeper way.

佐藤美南 Mina Sato(15)宮城県

踊りを通して街を元気に!

震災前に志津川で行われていたお祭り、トコヤッサイコンテストを復活させるべく活動し、震災前のキラキラした南三陸を取り戻したいと考えています。
I work to see the earthquake affected south Sanriku area sparkle once again by bringing back the old festival, the Toko Yashi Contest.


佐久間楓 Kaede Sakuma(19) / 菅原彩加 Sugawara Sayaka(17)/ 佐藤慎 Shin Sato(18)岩手県

防災意識の向上を図る

自らの被災体験を冊子やサミットを通して伝え、全国の防災意識を高めるとともに東日本大震災の風化防止も図っています。
We work to communicate our own experiences of disaster through booklets and summits, in hopes of raising awareness to disaster prevention throughout the country.

今井直人 Naoto Imai(19)兵庫県

震災から2年、今からでもできること

東北初訪問者限定バスツアーを開催。初めて足を運ぶ人たちの被災地への不安などを参加者同士で共有できるという利点があり、またツアー後も東北支援に継続的に関われる環境づくりを行っている。
I held the first limited bus tour to Tohoku for first time visitors who shared the same anxious feelings towards those affected. We work towards a goal in which people are involved even after the tour in supporting Tohoku.


田畑祐梨 Yuri Tabata(17)宮城県

まずもって、かだっからきいてけさいん

地元である南三陸町で、学生による日英の語り部を通して、若者が町の行事に参加し、考え、発言し、その意思を町の復興に反映したいと考えています。

大前拓也 Takuya Omae(20)大阪府

「また会いたい」の力

気仙沼の中高生に、地元である大阪や京都に来てもらい関西の魅力を伝えるツアーを企画。今までなかった環境を体験してもらうことで、違った視点で物事を考え、新しい価値に触れてもらう機会をつくる。
I work with the local Kesennuma junior and high school students who plan tours in Osaka and Kyoto, while spreading the charms of Kansai. Our goal is for participants to experience foreign environments, think things from different perspectives and create opportunities to learn new values.


堀池美里 Misato Horiike(17)京都府

被爆ピアノコンサートで平和について考えるきっかけを

原発事故後、未来を担う10代が被ばくについて考えるきっかけとして「被ばくピアノコンサート」を開催しています。
I work to hold the “Radiation Piano Concert” where young adults who are responsible for the future, perform in order to spread awareness about nuclear disasters.

ウックタモーフ・ショッルツ Shohruh Uktamov(20)ウズベキスタン

ジレンマ・プロジェクト

人々の批判的思考能力を高め、常に新しい解決方法を探し現代社会に関わることを促すため、ディベート・ゲーム「ジレンマ」を考案。「問題の解決」という共通のゴールのもと、異なる地域の若者を集め開催している。
We devised a debate game called "Dilemma" to raise the ability for critical thinking, so people are constantly searching for new solutions and engaging in contemporary society. Under the common goal of "solving problems," we work to include young people from many different regions.

高橋愛満 Manami Takahashi(20)/ 津田紘那 Hirona Tsuda(20)兵庫県

東北&兵庫 大地震の経験をつなぐ物産展

大地震を経験した神戸と東北をつなぐ東北物産を通じて、自身が東北に行った時に見聞きし感じたことを伝える活動を行っています。
I conduct activities to share my thoughts, experiences and feelings through my travels to the land of Kobe and Tohoku.

塚田耀太 Yota Tsukada(19)東京都

10代が復興支援の起爆剤になる!

時間の自由、親の縛り、お金がないといった理由で東北に関われない高校生が多い一方で、何かしたいと思っている高校生は多かったことから、環境さえ整えれば高校生でも復興支援ができると思い、東北旅行企画や冊子の発行などを行う団体「Teen for 3.11」を立ち上げる。
Due to lack of time, parental permission problems, and absence of money, many high school students, though wishing to help, are unable to support Tohoku. In addressing this problem, my idea was to set up a group, “Teen for 3.11,” where high school students arrange reconstruction assistance projects and help with the planning and publication of awareness booklets.

矢野大地 Daichi Yano(20)高知県

気仙沼みらい創造カレッジ

大地震を経験した神戸と東北をつなぐ東北物産を通じて、自身が東北に行った時に見聞きし感じたことを伝える活動を行っています。
I conduct activities to share my thoughts, experiences and feelings through my travels to the land of Kobe and Tohoku.

比護遥 Haruka Higo(16)/ 吉富秀平 Shuhei Yoshitomi(16)兵庫県

高校生が原子力発電について発表するウェブサイト

福島原発事故後、賛成派と反対派の意見交換があまりなされておらず、感情的に訴える姿が多く見られたことから、高校生がそれぞれの考えを発表し、意見交換する場としてのウェブサイト「THINK NUKE」を立ち上げる。
Since the Fukushima nuclear power plant accident, people have not been able to express their opinions about their issues, so we created and launched a website titled “THINK NUKE” as a place for high school students to present their ideas and exchange opinions.

志田淳 Atsushi Shida(20)宮城県

色んな人の想いを気仙沼で交差させる

自分が高校時代に、気仙沼で着たい服を買える店が少なかったという想いと、震災後に、気仙沼へ支援に行きたいけどなかなか行けないという周囲の声を掛け合わせ、日本全国から古着を集め、気仙沼でLOCAL CROSS MARKETというフリーマーケットを開催。
During my high school days in Kesennuma, I hardly had any options for clothes shopping that offered fashionable in-style clothing that I would actually wear. Noticing this problem that also affected many others, I worked to collect old clothes from all over Japan and organized a flea market called “LOCAL CROSS MARKET” in Kesennuma.

高橋奈々美 Nanami Takahashi(17)宮城県

共通の体験を持つ若者のネットワークづくり

ベラルーシを訪問した体験をきっかけに、被災という共通の体験を持つ若者のグローバルなプラットフォームをつくっています。
Based on my experiences of visiting Belarus, I have created a global platform so young people with common experiences of disaster have the ability to share and be heard.

青島勇太 Yuta Aoshima (18)

神戸でつくった土や木を、被災した沿岸部へ

「美しい海と林の自然と共に暮らしたが、防波堤はコンクリートの壁によって作られる」震災後、津波で流された街へ足を運んだ際に、このように嘆く住民に出会った経験から、地元である神戸で土や木を作り、沿岸部に植樹する活動を始めています。
"I lived with the beautiful sea and the nature of the forest, but breakwaters are made by concrete walls" Those were the words from the residents of the city which was washed away by the tsunami. Hearing this, we plow soil and grow trees in our hometown, Kobe, and plant them in the coastal area.


中尾岳陽 Takeaki Nakao (18)

大学生が東北のために何ができるかを考える場をつくる

北海道では、震災を他人事のように思っている人が多くアクションを起こす学生も見かけられない現状の中、大学生が集まり「考え議論する場」を定期的に開催。
In Hokkaido, many people did not take the issue of the tsunami disaster as their own and it was rare to find university students to take action. That is why I started to hold events for university students to gather and discuss.

佐藤慶治 Keiji Sato (18)

学生向けツアー型サミット

東北やその他の地域の大学生のための、ツアー型サミットを企画。自身は宮城県南三陸町 出身だが、現地のニーズを外に発信できていないことから、被災地内外の学生が交流できる場を作っています。
We organize a tour summit for college students in Tohoku and other areas. I am from Minamisanriku-cho, Miyagi prefecture, but since I had not been able to communicate the local needs to the outside, I am making a place for students from both inside and outside of the disaster area to interact with each other.


山勢拓弥 Takuya Yamase (18) / 中村隆宏 Takahiro Nakamura (20)

災害ボランティアの出会いの場にするwin-winの”ボラコン”

結婚率の低下と少子化は、震災後の東北と日本全国のどちらにも共通する課題であることから、災害ボランティアと婚活を結び付けた「ボラコン」を開催。すでに「街コン」を行っている行政とも協力し開催している。
The declining marriage and birth rate are common to both the Tohoku area after the disaster and Japan as a country. We organize events combining spouse hunting and disaster relief volunteering. We also collaborate with local government who already do ‘machikon (local municipality organized spouse hunting)’

根元淳成 Atsunari Nemoto (18)

震災の経験を忘れないために瓦礫で作る掛け時計

東日本大震災以前によく似た大地震が起き、直後は教訓を生かしていたにも関わらず、次第に忘れ去られ大きな被害を生んだことを知り、災害から得た教訓を忘れないための掛け時計を作成し学校へ置く活動をしています。
A large earthquake similar to the Great Eastern Japan Earthquake occurred which taught people lessons about earthquakes. However, those lessons were gradually forgotten and when the great earthquake in 2011 happened, it caused a great damage. To not forget the painful lessons from the earthquake in 2011, I create wall clocks to remind people of the disaster and put them in school classrooms.


小野亨也 Koya Ono (29)

大学で東北の美味しい名産を販売する「学生市場」

大学生の食への関心が低いという気付きと、被災した農家を応援したいとの想いから、被災地から食材や商品を提供してくれる人を探し大学で販売する「学生市場」を開催しています。
We organize "student food market" events that sell ingredients and food products from the disaster affected areas. We started this because we felt that college students are not interested in food and also wished to support the farmers in the disaster affected areas.

渡邉将 Sho Watanabe (18) / 伊坂盛宏 Morihiro Isaka (18)

復興支援に取り組む学生を増やすための長期休暇プログラム

東北の復興支援に積極的に関わる学生を増やすことを目的とし、1週間のボランティアプログラムを実施しています。
We are carrying out a weekly volunteer program with the aim of increasing the number of students actively involved in the reconstruction efforts in Tohoku.