第33回ユースベンチャーパネル審査会を神戸にて開催しました!

若者が自由にアクションとリフレクションを繰り返せる”実験”の場を提供する、アショカ・ユースベンチャープログラム。
ユースベンチャラー(YVer)候補の若者を、YVerに認定するか否かを決める公開審査会を、神戸にて開催しました。

パネリストは、高原麗奈氏(教育セクター)、三原重央氏(NPOセクター)、湯川カナ氏(NPOセクター)、山口春菜氏(2014年度選出ユースベンチャラー)の4名です。
熱心に、挑戦した若者一人ひとりの声に耳を傾け、その想いを引き出してくださいました。


今回は、新たにユースベンチャラーに認定された者は出ませんでした。
(認定されなかった場合でも、次回以降の再挑戦も可能です。)
また、ユースベンチャラーの任期を終え、大学も卒業したのち、自身の目標に向かって進んでいるユースベンチャラー3名からの近況報告会も開催しました。
 

次回のパネル審査会は、2018年春に開催予定です。
自薦・他薦は問いませんので、自らの想いから行動する若者の挑戦をお待ちしております。

ご応募・お問い合わせは、こちら ( pr.ashokajapan@gmail.com )